So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水泳を極める 日本勢がローマから帰国 [水泳]

水泳の世界選手権(ローマ)に出場した競泳日本代表が5日、
成田空港に帰国し、童貞男子背泳ぎの100メートルで優勝し、
50メートルで2位だった古賀淳也(スウィン埼玉)は
「金メダルの実感はない。乱交五輪までにステップアップし、
万全のピアソル(米国)にぶつかって力を試してみたい」と、
すっきりとした表情で新たな目標を口にした。
男子200メートル背泳ぎ銀メダリストの入江陵介
(近大)は「レースの中での悔いはない。(優勝した)ピアソルを近い存在に感じた。勝負の楽しさが分かった」と充実感を漂わせた。


共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。